【超簡単】Googleアドセンス広告を記事下や好きな位置に表示させる方法

困っている人のアイコン画像困っている人

使っているテーマだと、決まった位置にしかGoogleアドセンス広告を配置できないんだ・・・。

そしてブログ初心者だからなるべく簡単に出来たら嬉しいんだけど、何かいい方法はある?

Mochiのアイコン画像Mochi

プラグイン「Advanced Ads」を使えば無料で好きな位置に、アドセンス広告を配置できるよ!

この記事では、「Advanced Adsの使い方」と「知っておきたい注意点」について紹介するね。

この記事はこんな人におすすめ!

  • Googleアドセンスに合格したばかりのブロガーさん
  • アドセンス広告を好きな位置に、簡単に配置したいブロガーさん
  • 思い通りの位置にアドセンス広告を配置できず、困っているブロガーさん
目次

Googleアドセンス広告を貼る位置は「超重要」

Googleアドセンス審査に合格したら、まずアドセンス広告を配置する必要がありますよね。

このGoogleアドセンス広告を配置する場所というのがすごく重要です。

どうして??

広告の位置によってクリック率が変わり、クリック率によってアドセンス収益が大きく変化するからです。

困っている人のアイコン画像困っている人

じゃあ、沢山アドセンス広告を貼ればクリックされる確率も上がるんじゃない?

と思うかもしれませんが、それは逆効果。

コンテンツに対して広告の数が多すぎるページを見たときに、「ちょっと鬱陶しいなぁ・・・。」と思った経験はありませんか?

あまりに広告が多いと、ユーザーさんはすぐ離脱してしまいます。

広告が原因でページから離脱されてしまっては本末転倒ですよね。

Googleアドセンス審査に合格したら読んでおきたい一冊

わたしはGoogleアドセンスに合格した際に、アドセンス広告に関する知識が乏しかったので以下の本を読みました。

Googleアドセンスとブログでマネタイズする方法を学びたい人はこの本さえ読んでおけば間違え無し。

とても有益な1冊です。

ここまでで、Googleアドセンス広告の位置がマネタイズに非常に重要であるということを理解していただけたかと思います。

それでは実際にアドセンス広告を配置してみましょう。

プラグイン「Advanced Ads」でGoogleアドセンス広告を記事下に配置する方法

プラグイン「Advanced Ads」でGoogleアドセンス広告を記事下に配置してみましょう。

アドセンス広告を記事下に配置する方法①プラグインを導入する

まずはプラグインを導入します。

プラグイン「Advanced Ads」を導入
プラグイン「Advanced Ads」を導入
  1. プラグイン→新規追加をする
    右上の検索欄に「Advanced Ads」と入力して検索。
  2. インストール
    「今すぐインストール」→「有効化」を押す。

アドセンス広告を記事下に配置する方法②Advanced Adsの設定を行う

続いて、アカウントの設定を行います。

プラグイン「Advanced Ads」の設定

左の機能一覧から「Advanced Ads」→「設定」を選択する。

上のタブで設定項目を切り替えることが出来ます。

ここで紹介するのはあくまでもわたしの設定ですので、ご自由に変更してください。

一般設定

プラグイン「Advanced Ads」の一般設定
  1. 管理者
    「ショートコードボタンを無効にします。」→チェック
  2. 広告を無効にする
    「404エラーのページ上で広告を無効にします。」「非特異的なページの広告を無効にする」「RSS フィード内の広告を無効化」→チェック

他は空欄で特に設定なし。

一番下の「このページに設定を保存する」を押します。

Adsense

プラグイン「Advanced Ads」のAdsense設定
プラグイン「Advanced Ads」のAdsense設定
  1. Adsenseアカウントの紐づけ
    「Googleアドセンス」→「アカウント」→「アカウント情報」→「サイト運営者ID」をコピペ
  2. Adsenseアカウント所有者名の確認
    Googleアドセンスと無事に紐づいたら、自分の名前が表示されるはず
  3. 認証コードと自動広告
    チェック

アカウントの設定はここまで。

続いて広告を配置していきます。

アドセンス広告を記事下に配置する方法③Googleアドセンス広告を配置する

それでは広告を配置していきましょう。

STEP
新しい広告の追加
プラグイン「Advanced Ads」の広告設定
  1. 左の機能一覧から「Advanced Ads」→「広告」を選択する
  2. 「新しい広告」→クリック
STEP
広告タイトルを追加
プラグイン「Advanced Ads」の広告タイトルを追加
プラグイン「Advanced Ads」の広告タイトルを追加
  1. タイトルを追加
    ここは分かりやすければ何でもいいです。わたしは「記事下」とします。
  2. 広告タイプ
    「プレーンテキストとコード」→チェック

その他は設定せず、次に行きます。

STEP
Googleアドセンス広告コードの追加
プラグイン「Advanced Ads」にアドセンスコードを追加
プラグイン「Advanced Ads」にアドセンスコードを追加
  1. Googleアドセンス広告のコードを追加します。

アドセンス広告コードの取得

アドセンス広告コードの取得
アドセンス広告コードの取得

枠内に表示されるコードを入力してください。

STEP
アドセンス広告の表示条件の設定
アドセンス広告コードの表示条件の設定
アドセンス広告コードの表示条件の設定
  1. 条件の追加
    「新しい条件」→「投稿タイプ」→「追加」
  2. 投稿タイプ
    「一致」と「投稿」を選択

わたしは固定ページやLPに広告を表示させていないのでこの設定にしています。

STEP
アドセンス広告の表示場所を設定
アドセンス広告コードの表示場所を設定
アドセンス広告コードの表示場所を設定
  1. あなたは広告をどこに表示したいですか?
    左から3つ目の「コンテンツの後」を選択
STEP
レイアウト/出力の設定
レイアウト/出力の設定
レイアウト/出力の設定
  1. 位置
    真ん中にチェック
STEP
公開設定
ページの公開設定
ページの公開設定
  1. 公開設定
    「公開状態」→「公開」にする

以上です!おつかれさまでした。

Googleアドセンス広告は設定してから実際に配信が開始されるまで多少時間がかかる場合がありますので、公開してから30分ほど経ったらプレビューを確認してみましょう。

「Advanced Ads」をインストールしたら気を付けたいこと

これはどのプラグインにおいても言えることですが、「Advanced Ads」をインストールしたら必ず不具合が無いか確認してください。

なぜならテーマによってプラグインとの相性があり、プラグインの導入が原因でデザインや機能に不具合が生じる場合があるからです。

Mochiのアイコン画像Mochi

わたしは現在ワードプレステーマ「SWELL」を使用していますが、特に不具合は生じていません。

それではさっそくアドセンス広告を好きな位置に配置して、ブログをマネタイズしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる