【オーストラリアでバリスタを目指す人必見!】知っておきたいコーヒーの基礎知識

困っている人のアイコン画像困っている人

オーストラリアでバリスタを目指したいと思っているんだ。

実際にレジュメを出す前に知っておくべきことってある?

Mochiのアイコン画像Mochi

わたしはオーストラリアワーホリ1年目に
【無資格・未経験】でローカルカフェのバリスタになった経験があるよ。

最初は知らないことも多くあって大変だったから、応募する前にぜひ知っておいてほしい「コーヒーの基礎知識」を紹介するね!

この記事はこんな人におすすめ!

  • オーストラリアワーホリに挑戦する予定がある人
  • オーストラリアでバリスタを目指したい人
  • 無資格、未経験でもバリスタになれるか不安な人
目次

【知っておきたい!】オーストラリアコーヒーの基礎知識

オーストラリアのカフェで働きたいと思ったら、最低限コーヒーの基礎知識を頭に入れておく必要があります。


なぜならオーストラリアでコーヒーは国民の大半が日常的に飲むもので、「知っていて当たり前」だからです。

例えばパン屋さんの面接に受かっても、どれがメロンパンでどれが食パンかすら分からなかったら採用されるのは難しいですよね。

でも大丈夫!!わたしも全く分からないところからスタートしました。知識はいくらでも蓄えることが出来ます。

この章では、オーストラリアで最も一般的なコーヒーの中から

  • エスプレッソ
  • ホワイトコーヒー(カプチーノ、ラテ、フラットホワイト)
  • ブラックコーヒー(ロングブラック)
  • アイスドリンク(アイスコーヒー、アイスラテなど)

について簡単にご紹介します。

※最近はオーストラリアでもフィルターコーヒーを扱う店舗が増えてきました。しかし、まだまだ普及率は高くなくエスプレッソが一般的です。フィルターコーヒーは馴染みのある人が多いと思いますので、こちらの記事では説明を割愛させていただきます。

オーストラリアコーヒーの基本①エスプレッソ

エスプレッソマシーン
エスプレッソマシーン

スターバックスなどのカフェでこのようなマシーンを見かけたことはありますか?

これが、「エスプレッソマシーン」です。

エスプレッソマシーンで抽出したエスプレッソ
覚えておこう!
エスプレッソとは?

深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーのことである。(ウィキペディアより引用)

エスプレッソの「ショット」って何?

ショットとはエスプレッソの単位です。1回の抽出で2ショット取ることが出来きます。

1ショットは「シングルショット」、2ショットは「ダブルショット」と呼びます。

エスプレッソって1ショットどのくらい?

25ml-30mlです。

エスプレッソの他の呼び名は?

オーダーする際、「ショートブラック」と呼ばれることもあります。

豆に種類はあるの?

あります。ホワイトコーヒーとブラックコーヒーは違う豆が使われることが多いです。

エスプレッソを作るには必ず「エスプレッソマシーン」が必要です。

深煎り(ダークロースト)の豆が使用されることが多く、そのまま飲むととても苦いですが、その苦みを好む人もいます。

オーストラリアコーヒーの基本②ホワイトコーヒー

ホワイトコーヒーとは、前途のエスプレッソにスチームした牛乳(もしくは他のミルク)を足した

カプチーノ、ラテ、フラットホワイトなどの温かいコーヒーの総称です。

そしてこれらが、一番注文されるコーヒーです。

ホワイトコーヒー
覚えておこう!
カプチーノ、ラテ、フラットホワイトの大きな違いは?

一番の違いはフォーム(ミルクの泡)です。以下の表を参考にしてください。

エスプレッソは何ショット入ってるの?

ミディアムが1ショット、ラージが2ショットというのが一般的ですがカフェによって異なります。

コーヒーの種類フォームの量その他
カプチーノ多い上にチョコパウダーをかける
ラテ普通
フラットホワイト少ない
ホワイトコーヒーの違い

オーストラリアのコーヒーといえば、フラットホワイトが有名ですよね。

フォームが少ないので口当たりがよく、すごく飲みやすいのが特徴で多くのオーストラリア人に愛されるコーヒーです。

わたしが働いていたカフェでは、年配の方にはカプチーノが一番人気で、若い年齢層の人にはフラットホワイトが一番人気でした。

他にもモカやピッコロなどのホワイトコーヒーがありますが、上記の3つさえ覚えておけばスタートはばっちりです。

オーストラリアコーヒーの基本③ブラックコーヒー

日本でもなじみの深いブラックコーヒーですが、オーストラリアの一派的なブラックコーヒーは少し違います。

エスプレッソに熱湯を足した温かいコーヒーを「ブラックコーヒー」と呼びます。

ブラックコーヒー
覚えておこう!
ブラックコーヒーとホワイトコーヒーの大きな違いは?

エスプレッソをそのまま提供するもしくはお湯で割るのがブラックコーヒー、エスプレッソを牛乳などのミルクで割るのがホワイトコーヒーです。

ブラックコーヒーの種類は?

大きく分けて2つ。

エスプレッソをそのまま提供するのがショートブラック、エスプレッソに熱湯を足したものがロングブラックです。

一般的に牛乳を好まない方や、さっぱりとした味わいを好む方に飲まれるコーヒーです。

また、ロングブラックはアメリカや日本で「アメリカンコーヒー」などという名称で親しまれていますがオーストラリアでは「ロングブラック」と呼ばれます。

オーストラリアコーヒーの基本④アイスドリンク

コーヒーを使用したアイスドリンクも多くありますが、一般的に値段はホットコーヒーよりも高いのが特徴です。

アイスラテ
覚えておこう!
アイスコーヒーって日本と違うの?

日本のアイスコーヒーはブラックコーヒーですが、オーストラリアのアイスコーヒーは「甘くて牛乳も入っている」のが一般的です。カフェによってはアイスクリームやホイップを使用します。

コーヒーの種類作り方
アイスコーヒー氷+エスプレッソ+牛乳+アイスクリームやホイップ甘い
アイスラテ氷+エスプレッソ+牛乳甘くない
アイスロングブラック氷+エスプレッソ+水甘くない
ホワイトコーヒーの違い

オーストラリアの夏は40度を超える日もあるので、冷たい飲み物が欠かせません。

アイスコーヒーはお店によってレシピが異なるのも覚えておいてください。

オーストラリアコーヒーの基本⑤コーヒーを使わない飲み物

多くのカフェには「コーヒーの入っていない」飲み物も用意されています。

ホットチョコレート
覚えておこう!
「コーヒーを使わない飲み物」ってたとえば?
  • ホットチョコレート(チョコレート+ミルク)
  • チャイラテ(チャイパウダー+ミルク)
  • 抹茶ラテ(抹茶パウダー+ミルク)

などが代表的で、カフェによっては他の商品も取り扱っています。

「コーヒーは好きじゃないけど、あったかい飲み物を飲みたい」という人や「午後はコーヒーを飲みたくないから、代わりの飲み物を」という人も沢山います。基本的にはホットコーヒーとほぼ同じ料金です。

【オージーはカスタム好き!】コーヒーの注文時にできるカスタム

カフェで働いたことがある人の中では有名な話ですが、オーストラリアの人たちはカスタム好き

カプチーノひとつとっても、何通りものカスタム方法があります。

代表的なのは、以下です。

  1. エスプレッソの量

    「今日はコーヒー2杯目だから、1/2 Strength(強さ)で。」と言われたり、「今日はすごく眠たいからダブルショットで」と言われることがあります。ショットを追加する場合は追加料金がかかる場合がほどんどです。

  2. 砂糖の量と種類

    すべてのコーヒーには砂糖を追加することが出来ます。
    砂糖にも様々種類があり、White Sugar(白砂糖)の他にRaw Sugar(さとうきび糖)を取り扱っている店もあります。
    また、Stevia(ステビア)やEqual(イコール)と呼ばれる砂糖代替品を注文されることがあるので覚えておいてください。

  3. 熱さ

    ホワイトコーヒーは60度くらいの温度で提供されるのがベストとされています。しかし60度は熱々ではない為、人によってはExtra Hot(熱め)を注文する場合があります。

  4. ミルクの種類

    普通の牛乳(Full Cream)と低脂肪牛乳(Skim Milk)は追加料金なしで選べる場合がほとんどですが、多くのカフェでは追加料金を支払えば、ソイミルク・アーモンドミルク・オーツミルクなど違う種類のミルクを選ぶことが出来ます。


  5. シロップの追加

    これもお店によりますが、バニラやキャラメル、ヘーゼルナッツなどのシロップを用意している場合があります。
    コーヒーに追加すると甘くておいしいです。

未経験でもバリスタになれます!大切なのは応募し続ける事

困っている人のアイコン画像困っている人

コーヒーのことはざっくり理解したけど、本当にカフェで働けるようになるかなぁ・・・。自信が無いよ。

結論からお伝えすると、未経験者でもバリスタになることが可能です。

ただ、やはり時間がかかってしまう可能性があるのでとりあえず募集を見つけたらどんどん応募していきましょう。

実際にわたしがバリスタになった経緯は以下の記事で紹介していますので、是非合わせて読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる