英語圏のワーホリ5か国比較してみた【あなたにぴったりの渡航先が分かる!】

困っている人のアイコン画像困っている人

「英語圏の国にワーキングホリデーに行きたい!」と思っているんだけど、いくつかの国から選べるよね。

どうやって選んだらいいの?

Mochiのアイコン画像Mochi

それぞれの国に特徴があって、わたしは「気候」とか「ビザの取得しやすさ」を中心にオーストラリアに決定したよ。

具体的に見てみよう!

 この記事はこんな人におすすめ!

  • 学生ビザではなくワーホリで渡航すべき理由が知りたい人
  • ワーホリで渡航可能な英語圏5か国の特徴を知りたい人
  • 英語圏にワーホリに行きたいけど選び方が分からない人
目次

なぜ「ワーキングホリデービザ」で渡航すべき?

”英語圏に長期滞在する”ことが目的なのであれば、「学生ビザ」で渡航することも可能ですよね。

しかし、もしあなたが18~30歳の間であればワーキングホリデービザでの渡航を強くお勧めします!

なぜなら・・・

  1. ワーキングホリデービザは、18~30歳(一部例外有り)のみが申請できるビザだから。

  2. 国によって学生ビザ保持者(留学生)の労働に制限があるが、ワーキングホリデーは労働が可能でお金を稼ぎながら生活が出来るから。

  3. 学生ビザの場合学費の支払いが必要だが、ワーキングホリデーはビザの申請料のみで良くとても経済的に優しいビザだから。

留学は、30歳を超えてからでも可能ですがワーキングホリデーは年齢制限があります。

労働が可能で自由度も高いビザですので、申請可能なうちに体験しておくのがおすすめです。

【徹底比較!】英語圏の国、5か国比べてみた

2020年現在、ワーキングホリデー協定国は26ヶ国あります。

その中で英語圏の国は、イギリス・アイルランド・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの5ヶ国です。

それでは、具体的に比較してみましょう!

イギリスアイルランドカナダオーストラリアニュージーランド
ビザ年間発給人数1,000人800人6,500人制限なし制限なし
滞在可能期間最大2年1年間1年間1年間(※1)1年間
就学可能時間制限なし制限なし~6ヶ月~4ヶ月~6ヶ月
ビザ申請料(※2)3.4万円1.4万円2.8万円3.7万円無料
年間平均温度10.0℃10.0℃8.0℃17.9℃16.0℃
最低賃金
(※2)
1,206円1,261円1,108円1,502円1,322円
英語圏のワーホリ協定国徹底比較

(※1)国が定める農業や動物畜産等の就労を一定期間行うと、2年目・3年目のビザを申請することが出来ます。

(※2)各通貨のレートを2020年8月現在のレートで日本円に換算しています。目安として参考に居ていただけましたら幸いです。

上記は2020年9月現在の情報です。

こう見てみると、ひと口に英語圏の国と言っても多くの違いがありますね!

【あなたにピッタリの国が分かる!】渡航先の選び方

困っている人のアイコン画像困っている人

それぞれの国の特徴は分かったけど、結局僕にはどの国があってるか教えてほしいな。

渡航先の決め手は人ぞれぞれ違うと思いますが、この章ではそれぞれの国の良いところと「こんな人におすすめ!」という項目を紹介します。

英語圏の渡航先チョイス①イギリス

英語圏かつヨーロッパへの渡航を夢見る人にとても人気な国、イギリス。

こんな人におすすめ!

  • 休暇等を使って、気軽にヨーロッパを旅行してみたい人
  • ワーキングホリデービザでなるべく長く同じ国に滞在したい人
  • イギリス英語を学びたい人
  • 長期で語学学校に通いたい人

毎年1000人とワーホリのビザ発給人数に制限があることから、毎年抽選が行われる時期になると応募が殺到しています。

英語圏の渡航先チョイス②アイルランド

5ヶ国の中で1番ビザの年間発給数が少ない国、アイルランド。

こんな人におすすめ!

  • ヨーロッパやアイルランドの芸術や歴史に触れたい人
  • 日本人の少ない環境で英語を学びたい人
  • アイリッシュ英語を学びたい人
  • 長期で語学学校に通いたい人

イギリスからも近く、ヨーロッパ圏の中では物価も安い方だと言われています。

英語圏の渡航先チョイス③カナダ

オーストラリアに続き、ワーキングホリデー渡航者に大人気のカナダ。

こんな人におすすめ!

  • 休暇等を使ってアメリカ旅行をしてみたい人
  • 海外生活に慣れていない人(世界トップレベルの治安の良さ!)
  • 寒い気候が平気(むしろ好き)な
  • 金銭的にあまり余裕がなく、渡航後すぐに仕事を探したいと思っている人

ビザも比較的取得しやすいのが特徴です。

英語圏の渡航先チョイス④オーストラリア

ワーホリ渡航者がいちばん多い国、オーストラリア。

こんな人におすすめ!

  • 暖かい気候が好き(サーフィン好きには最高!)
  • 英語に全く自信がないけど、現地で仕事を探したい
  • ある程度日本人もいる環境で過ごしたい

セカンド、サードワーキングホリデービザを申請すれば最大3年滞在できるのがオーストラリアワーホリの魅力です。

英語圏の渡航先チョイス⑤ニュージーランド

オーストリアと隣接している国ですが、人口も少なくこじんまりとした場所です。

こんな人におすすめ!

  • とにかく大自然に囲まれた生活をしたい
  • 大都会ではなく、静かなところで暮らしたい
  • アウトドアスポーツが好き

上記を簡単にまとめると、

暖かい気候が好きで都会に住みたい!→オーストラリア

暖かい気候が好きで自然が好き→ニュージーランド

涼しい気候が好きで自然が好き→カナダ

涼しい気候が好きでヨーロッパがいい!→イギリス、アイルランド

ざっくりこんな感じですね。

都市によっても特徴は少し異なります。

同じ国へのワーキングホリデーは一生で一回までしか認められていませんが、年齢制限以内であれば他の国へワーキングホリデーに行く事は可能です。

「カナダに行ってみたけど、次はオーストラリアに行ってみたい!」ということも30歳までは可能ですので、思い立ったら即行動!で挑戦してみることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる