【シドニー観光情報】リニューアルオープンしたDavid Jonesの魅力

オーストラリアのちょっと高級志向なデパート「David Jones」

シドニー市内中心部にあるDavid Jonesが2020年、リニューアルオープンしました。

この記事では、David Jones地下階にスポットライトを当てながら、シドニーに来たらぜひ訪れてほしいDavid Jonesの魅力について紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!

  • シドニーに観光で来る予定がある人
  • 日本へオーストラリア土産を買って帰りたい人
  • ちょっと贅沢な「オーストラリアならでは」のモノを見つけたい人
目次

オーストラリアの高級老舗デパート、David Jonesとは?

まずは、そもそも「David Jones」を知らない方向けに基本情報をご紹介します。

David Jones(デビッドジョーンズ)は、日本でいう高島屋や三越のような存在のオーストラリアを代表する高級デパートです。

【10秒で分かる!】David Jonesの歴史

1838年に「最高で最も高級な商品」を販売することを使命としてオープン。

創立者はウェールズ出身の移民、デービット・ジョーンズ氏です。

そして開業当時から同じ名前で継続的に営業されている世界で最も古いデパートでもあります。

David Jonesは2020年現在、ニュージーランドのウェリントンに最初のインターナショナルストアを含む45の店舗と、シドニーのバランガルーとジェームズストリートブリスベンに2つのブティック形式の店舗を構えています。

【2020年】新しくなった「David Jonesフードホール」がすごい

いままでシドニー市内に2つあったDavid Jonesですが、2020年になってマーケットストリートの店舗が閉鎖しエリザベスストリートの店舗がリニューアルオープンされました。

わたしがとてもお気に入りだった、マーケットストリートにあった「David Jones フードホール」という日本のデパ地下のようなセクション。

この度新しくなり、更に素敵になってリニューアルオープンしました!

それではさっそく見ていきましょう。

リニューアルオープンしたDavid Jonesの場所

David Jones エリザベスストリート店へのアクセス方法

  • セント・ジェームス駅より徒歩2分
  • タウンホール駅から徒歩6分
  • ミュージアム駅から徒歩10分

シドニー市内の中心部にあり、観光の途中にも寄りやすいロケーション位置にありますのが魅力です。

市内中心部のホテルに滞在中の方は徒歩圏内でしょうし、電車やバスで行く方はタウンホール駅付近から歩くのがおすすめです。

Lower Ground フロア:フードホールと食品や調理器具

Lower Groundフロアとは、地上階(日本でいう1階)と地下階の間にあるフロアです。

このフロアには主に食品や調理器具が陳列されています。

【フードホール、一番の魅力!】イートインスペース

シドニーのDavid Jones、コーヒーコーナーの様子
とてもスタイリッシュなコーヒースタンド
シドニーDavid Jonesのアジアバーセクション
気軽にアジア料理も楽しめます
シドニーDavid Jonesのベーカリーセクション
パンとケーキはお持ち帰りも可能

上記を含め、David Jonesフードホールでは

  • コーヒー
  • アジア料理(中華やタイ料理など)
  • 寿司
  • 海鮮料理(オーストラリア産の生ガキやフィッシュアンドチップスなど)
  • ベーカリー
  • 西洋料理(イタリアンが主)

など、様々な種類の料理がイートインで楽しめます。

それぞれ場所が分かれており、セクションによっては目の前で調理してもらえるなど演出があるのも魅力のひとつです。

また、この場所はローカルの人たちにもあまり知られておらず週末でも席が空いている場合がある【隠れ家的スポット】です。

調理器具

シドニーのDavid Jonesで販売されているルクルーゼの商品
オーストラリアでも大人気!ルクルーゼの商品
シドニーのDavid Jonesでフライパンが陳列されている様子
David Jonesで販売されている様々な種類のフライパン
シドニーのDavid Jonesで調理器具が陳列されている様子
調理器具も種類が沢山!
シドニーのDavid Jonesで販売されているバーベキューコンロ
オーストラリアの一家に一台!バーベキューコンロ。

Lower Groundフロアの半分を占めていたのが、これらの調理器具類です。

写真のほかにもスタンドミキサーや炊飯器、オーブントースターなども販売されていました。

デパートのど真ん中にバーベキューコンロが陳列されているのを見ると、「オーストラリアっぽいなぁ。」と感じます。笑

エコグッズ

シドニーのDavid Jonesでスタッシャーが陳列されている様子
「プラスチックフリーの保存容器」スタッシャー
シドニーのDavid Jonesで陳列されているエコカップ
様々な種類のマイボトルやマイカップ
シドニーのDavid Jonesで販売されている蜜蠟ラップ
何度も繰り返し使える、ミツロウラップ

さすがコーヒー大国オーストラリア、マイカップの種類はとても多くお土産にもおすすめです。

そして写真3枚目のミツロウラップはわたしも愛用しています!(実際に使っているのは違うブランドの商品です。)

生鮮食品

シドニーのDavid Jonesに陳列されているパン
陳列されているいろいろな種類のパン
シドニーのDavid Jonesに陳列されている生ハム
ちょっと贅沢をしたい日におすすめな生ハムやサラミ
シドニーのDavid Jonesに陳列されている野菜
様々な種類の野菜も販売しています
シドニーのDavid Jonesに販売されているチルド商品
チルド食品の品ぞろえも豊富です。
シドニーのDavid Jonesに陳列されているソーセージ
オーストラリアのBBQでは欠かせない食材、ソーセージ!

David Jonesでは、WoolworthsやColesといった大手チェーンのスーパーマーケットで取り扱われていないような「ちょっと贅沢な」食材がたくさん手に入ります。

お値段も少しお高いので、おうちごはんで少し贅沢をしたいときやホームパーティーの際におすすめのショッピングスポットです。

お土産にもピッタリ!お菓子や調味料

シドニーのDavid Jonesで陳列されている調味料
オーストラリア産のトリュフ調味料はお土産にぴったり
シドニーのDavid Jonesで陳列されているチョコレート
チョコレートもたくさん種類が用意されています

旅行でのお土産選びって、悩みがちですよね。

オーストラリア土産として調味料はすごくおすすめで、私も日本に帰るときは友達や家族に買って帰ります。

特にオーストラリア産のお塩やオリーブオイル、トリュフマスタードなどは使い勝手も良く誰に渡しても喜ばれるお土産だと思います。

Basement フロア:食器やスーツケース、寝具など

Lower Ground フロアからエスカレーターで下がると、Basement(地下)フロアに着きます。

シドニーのDavid Jonesで陳列されているお皿やグラス
スタイリッシュな食器たち。
シドニーのDavid Jonesで陳列されているホームインテリア
意外とセール商品もあります。
シドニーのDavid Jones、地下フロアの様子
奥行きも広く、旅行用品の品揃えもばっちり。

このフロアにはラッピングをしてもらえるコーナーもあります。(有料)

オーストラリアでは、自分でラッピング紙を購入して、自分でラッピングをするのが当たり前で日本のようにお店で用意があるのはかなり珍しいです。

【まだまだあるよ!】リニューアルオープンしたDavid Jonesの魅力

この記事では主にDavid Jonesの地下フロアについてご紹介しましたが、実は地上階も9階まであります。

リニューアルオープンしたことにより内装もさらに「高級感」と「魅力」がアップしました!

David Jonesの魅力

  • 市内中心部にあり、主要駅からも徒歩圏内の立地
  • 「オーストラリア産の●●」が見つかりやすく、お土産を買うのにピッタリ
  • 買い物中に疲れたら、イートインスペースで休憩することが出来る
  • 大体のモノが1か所で揃うので時短になる
  • 他のスーパーやショッピングセンターでは手に入らないモノを取り揃えている
  • ”高級志向デパート”らしい従業員さんのサービスの良さ

9階にある子どもエリアは、子どもが楽しめる塗り絵コーナーやスターウォーズのコックピットなど「子どもが楽しめる工夫」がたくさん施されているのですごくおすすめです。

「買い物もしたいし、ランチも食べたい。」というときにぜひ行ってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる