【資格不要?!】オーストラリアで未経験からバリスタになった経験談

困っている人のアイコン画像困っている人

オーストラリアに行ったら、ローカルカフェでバリスタになりたいんだ!

でもコーヒーに携わる仕事をした経験も無いし、バリスタの資格も無い・・・。

こんな僕でもバリスタになれる?

Mochiのアイコン画像Mochi

わたしは、未経験・無資格からオーストラリアのカフェでバリスタを2年務めたよ!

今日はその体験談をお話しするね。

 この記事はこんな人におすすめ!

  • オーストラリアでバリスタを目指している人
  • ワーホリや留学でカフェで働いてみたい人
  • 留学先で資格無しで仕事を探している人
目次

【経験談】ローカルカフェでバリスタになった経緯

オーストラリアはコーヒー文化がとても盛んで、街中にカフェ(コーヒーショップ)があります。

ワーホリの中には、ローカルカフェで働くことを夢見ている人も多くいるのではないでしょうか?

わたしはオーストラリアワーホリ6ヶ月目から、経験無し・資格無しで2年間オーストラリアのローカルカフェでバリスタとして働いていました。

まずは、「どういった手順でバリスタになったか?」をお見せします。

STEP
求人サイトから応募

「カフェ バリスタ/オールラウンダー」の求人を見つけて速攻応募。

STEP
面接確定

オーナーからメッセージが来て、面接ゲット!

STEP
面接当日

英語力と飲食での経験を評価され、トライアルゲット!

STEP
トライアル

接客を評価されるも、バリスタは未経験の為オールラウンダーとして採用される。

STEP
バリスタとしてのトレーニング開始

働き始めて2ヶ月、コーヒーの作り方を教えてもらう。

STEP
バリスタデビュー!

その後トレーニングを積み、5か月目から正式に店のバリスタに就任!

流れとしてはこんな感じです。

ご覧の通り、まずはバリスタとしてではなく「オールラウンダー(サーバー)」としての採用でした。

 わたしがオールラウンドとして雇われた理由

面接に行ったとき、オーナーはバリスタ(コーヒーを作った経験のある人)を探していたようでした。

しかし、

オーナーのアイコン画像オーナー

うーん、バリスタとしての経験は無いけど、飲食での経験はあるんだね。

接客とかは得意?

もしそうなら、まずはサーバー(接客スタッフ)として始めて、徐々にコーヒーの作り方を教えていこうかと思うんだけど、どう?

と言われ、トライアルをゲット!

「学校に行って資格を取ったほうがいいのかなぁ」と悩んでいた私にとっては、嬉しすぎる条件でした。

なぜなら、

  1. 自分でお金を払って学校に行き、資格を取得する必要が無い
  2. トレーニング中も賃金は発生するので、お給料を貰いながら現場で学ぶことが出来る

と思ったからです。

「バリスタの資格」の必要性とは?

困っている人のアイコン画像困っている人

結局、バリスタになるには学校へ通って資格を取ったほうがいいの?

ここはあくまで私の見解ですが、

「バリスタ資格はなお良しだが、無くてもバリスタにはなれる。」が答えです。

バリスタの学校に通うと、コーヒーについての基礎知識や技術を学ぶことが出来ます。

しかし、採用時に重要視されるのはあくまで「資格」ではなく「経験」です。

 バリスタの資格取得、こんな人におすすめ!

  • 飲食やカフェでの勤務経験が全くない人
  • 英語に余り自信が無く、まず基礎からしっかり理解したい人
  • 金銭的に学校に行く余裕のある人

もちろん資格を取ってマイナス評価をされることはないので、

「いきなりローカルカフェに応募するのはちょっと自信が無い・・・。」

という人は、学校に通うのを検討してみるのもおすすめです。

未経験・無資格でバリスタを目指すあなたへ

未経験・無資格でバリスタになるのは、簡単ではありません。

しかし!いくつかのコツを理解していれば、バリスタへの道は近づくこと間違いなし。

今回はバリスタを目指すにあたって是非覚えておいていただきたい”コツ”を3つ紹介します。

1.求人サイトは常にチェックしよう

働きたい勤務地の求人は常にチェックしましょう。

なぜなら、私が面接を貰えたひとつの理由に「求人サイトに掲載されてから、すぐ連絡に連絡した」というのがあったからです。

後からオーナーに聞いたのですが、

オーナーのアイコン画像オーナー

とりあえず連絡が来た人から面接をして、良さそうな候補者が来たらトライアルをしてそれで決めようと思っていた

らしく、求人サイトからの連絡があと数日遅ければ

わたしは面接すらしてもらえなかったと思います。

ですので、求人サイトは常にチェックして興味のある求人にはどんどん応募するのが大切です。

2.他のポジションからスタートする覚悟をしよう

未経験・無資格でバリスタとして採用されるケースはあまり多くありません。

ですが、私の周りでも「フロアスタッフとして働き始めて、後にバリスタになった!」という人はたくさんいます。

たしかに、わざわざ未経験者を雇うのはオーナーやお店にとってもメリットはあまりないですよね。

ですのでバリスタとしてスタートするのではなく、まずは「バリスタポジションがあるところで働き始める事」を目標にしましょう。

焦らないことが大切です!

3. ”コーヒーを作る以外のスキル” を身に着けよう

ここは重要なポイントです!

バリスタの募集に応募して、「未経験・無資格」というのはあまりプラスになる情報ではありません。

では、何でプラスポイントを稼げるでしょうか?

例えば…

  • 飲食での接客経験
  • 似たような業態(カフェなど)での勤務経験
  • 発注作業やシフト作成の経験

などです。

実際に私は上記のような経験(日本・オーストラリアどちらでも)があったので、トライアルをゲットすることが出来ました。

「まだ出発前で日本にいるよ!」という人は、飲食や可能であればカフェでの経験を積んでおくことをお勧めします。

仕事探しというのは時間もかかりますし、なかなか思うように行かなくて焦りがちな作業ですよね。

しかし、仕事探しにはタイミングも重要です。

「お店が人材を探しているタイミング」で応募が出来れば、あとはひたすらアピールするのみ!

遠回りしても1歩ずつ目標に近づいていくことが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる