【オーストラリアの語学学校】費用を安く抑える方法と現地で申し込む3つの手順

困っている人のアイコン画像困っている人

オーストラリアの語学学校に行ってみたいんだけど、具体的にどんな場所なんだろう?

あと、費用を安く抑える方法は何かある?

Mochiのアイコン画像Mochi

基本的には英語を学ぶところだけど、実はコースもいろいろあるんだよ!

費用を抑えるには、現地についてから申し込むのがいちばんだと思うな。どんなオプションがあるか、一緒に見てみよう。

 この記事はこんな人におすすめ!

  • 語学留学に興味がある人
  • オーストラリアで英語を学びたいと思っている人
  • 語学学校の費用をなるべく抑えたいと思っている人
目次

語学学校って、具体的にどんなところ?

語学学校とは、英語やその他言語を習得する為に短期もしくは長期で通う学校のことです。

英語圏の国では多くの留学生が「語学学校」へ行き、英語を習得します。

そして語学学校ではよりニーズに沿った勉強ができるよう様々なコースが用意されています。

例えば・・・

  • 日常会話や英語の基礎を学びたい!

    →ジェネラルイングリッシュコース
  • 英語の資格の為の勉強をしたい!

    →英語資格準備コース
  • 接客に特化した英語を習得したい!

    →カスタマーサービスコース

など、「学んだ英語を将来どう活かしていきたいか」によって自分に合ったコースを選ぶことが出来ます。

語学学校に通った場合のスケジュールとは?

具体的に語学学校ではどのような毎日が送られているのでしょうか。

わたしもシドニーで語学学校へ2ヶ月通った経験があります。

その時のスケジュールを見てみましょう。

語学学校に通っていた私の1日のスケジュール

午前06時30分 起床、朝ごはんを食べて学校に行く準備
午前07時20分 バスに乗って登校
午前08時30分 午前の授業開始
午後12時30分 お昼休憩、友達とランチ
午後01時30分 午後の授業開始
午後04時30分 授業終了、帰宅
午後06時30分 ホストファミリーと夕食
午後11時00分 就寝

わたしが選択していたジェネラルイングリッシュコースは週21時間の授業だったので、午前で学校が終わる日もありました。

基本的に月~金まで毎日授業があり、土日祝はおやすみです。

語学学校の授業の内容

語学学校には通常クラス分けがあります。

事前もしくは登校日初日にテストがあり、クラス分けされるのが一般的です。

ジェネラルイングリッシュコースの授業は通常以下の教科から成り立っています。

語学学校の教科とは?

  • リスニング、スピーキングおよび発音強制
  • ライティング、リーディング
  • 選択科目(例えば”オーストラリアの歴史”など、興味のある分野を英語で勉強できる)

わたしの語学学校は1クラスが10~13名程度で構成されており、教科ごとに先生が変わります。

登校初日にテキストが渡されたテキストを使用した授業があったり、教科書などは全く使わずグループワークをするような授業やパソコンを使った授業など様々な授業形態で飽きないような工夫がされていました。

語学学校で”勉強以外”にできること

語学学校では英語の勉強を除いて、主に3つのことが体験することができました。

語学学校で”勉強以外”にできること

  1. 友だち作り

    語学学校には世界中から「英語を勉強したい人」がやってきます。

    もちろん出身や、歳や経験も様々で世界中に友達が出来る絶好のチャンスです。

  2. アクティビティ

    わたしが通っていた語学学校では、毎日アクティビティがありました。  

    金曜の夜はクラブに行こう!とか、週末はビーチバレーをしようとか。自分のクラス以外の人との交流を深める一番の機会です。

  3. ワークショップ

    主に就職や進学についてのワークショップが多かったです。  

    例えば、「大学入試を目指す人向けのワークショップ」では具体的にどのような手順を踏めば、現地の大学に編入できるかなどを詳しく教えてくれます。

アクティビティやワークショップの頻度は学校によって異なりますので、
入学前に確認することをお勧めします。

現地で学校を申し込むメリット

この中にひとつでも当てはまる人は、現地で語学学校を探すのがおすすめです!

チェックしてみよう!

  • 料金を少しでも安く抑えたい。
  • ホストファミリーや学生寮を契約する予定はなく、シェアハウスなど自分で探して住む予定。
  • 日本人が少ない環境で勉強したい。

なぜ、現地で語学学校に申し込むのがおすすめなのか説明します。

現地で語学学校を申し込むメリット①費用を節約できる

留学エージェントを通して語学学校を申し込むと、学費とは別に”留学サポート手数料”や”代理店手数料”という費用がかかる場合があります。  

現地で直接申し込むと、そういった手数料はかからないのでその分費用を安く抑えることが出来ます。

現地で語学学校を申し込むメリット②実際に見学をしてから決められる

行ったことも見たことも無い土地にある学校・・・。  

大金を支払って、現地についてみたら

困っている人のアイコン画像困っている人

ホームページやパンフレットで見た写真の印象と全然違うし、なんかガッカリ・・・。

なんてことにはなりたくないですよね。

現地で申し込めば、心配ご無用!事前にメールで見学希望の連絡をしておけば、校内を案内してもらうことが出来ます。

現地で語学学校を申し込むメリット③日本人が少ない環境で英語を学べる

多くの人は事前に日本で語学学校を契約し、渡航後すぐに通い始めます。

留学エージェントが紹介できるのは、数が限られた契約のある学校のみという場合がほとんどですので

「せっかく海外の学校に来たのに、日本人の生徒ばかりだった。」

ということは頻繁に起こります。

現地に着いてから探す人は多くありませんので日本人が少ない環境で勉強したい人にはおすすめです。

※こちらに関しては考え方は人それぞれだと思いますので、あくまで「日本人が少ない環境で勉強したい」方にはお勧めという事で、必ずしも日本人が少ない環境が良いというわけではありませんのでご了承ください。

現地で語学学校を申し込む際の手順

現地で語学学校を申し込む際、必要な手順は3つです。

1.リサーチをしてみよう!

まずは自分に合ったコースがある学校を探してみましょう。

ここは渡航前に済ませておくのがおすすめです。

 Sydney (都市名)   English   School

などとGoogleで検索してホームページを開いてみると、学校やコースの雰囲気が分かると思います。

分からない英語が出てきたら?

Google翻訳を使うと、単語も英文も日本語に訳すことができます。
英語学習にもなって、一石二鳥ですね!

2.見学に行ってみよう!

現地に着いたらお問い合わせフォームから連絡をして、実際に見学に行ってみましょう。

見学に行くと資料やパンフレットも貰えて、入学に際して必要な手続きなどについて詳しい案内を受けることが出来ます。

もし現地に英語のできるお友達がいたら、一緒に来てもらうのもおすすめです。

3.手続きをしよう!

手続きの前に、必ず契約の内容をすべて確認しましょう。

語学学校を申し込む前に確認しよう!

  • 学費の支払いはいつ?合計の支払い金額は?
  • コースの具体的な内容は?
  • 登校日とコース終了までの登校日数は?
  • 卒業に必要な出席率は?
  • 卒業したら英語力の証明書は貰える?
困っている人のアイコン画像困っている人

英語もわからないし、一人で全部やるなんて不安・・・。

わかります。『全く何もわからない土地でいきなり学校探しなんてちょっと・・・。』と思いますよね。

そんな時におすすめなのが、日本語が通じる現地の留学エージェントに相談してみることです。

相談無料で契約のある学校のキャンペーン情報をもらえたりすることも!

各都市にエージェントがありますので、ぜひお近くの店舗に相談してみてください。

[jin_icon_like] オーストラリア国内にあるおすすめ留学エージェント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる