【TOEIC初心者必見!】勉強の始め方とおすすめの教材

TOEICを受けてみたい!と思っているんだけど、結局どこから手を付けていいのか分からないんだ。教材もありすぎて、選べないし・・・。

そんな僕に合った勉強の始め方を教えてくれる?

TOIECには、TOEICに向けた勉強が必要だよ。実はやるべきことはシンプルで、たくさんの教材も必要ないんだ!
一緒に見てみよう。

 この記事はこんな人におすすめ!

  • TOEICにチャレンジしてみたい人
  • TOEICに向けた勉強の仕方を知りたい人
  • TOEICのスコアアップを目指している人
目次

TOEICの勉強に最適な教材3選とは?

TOEIC L&Rの勉強を始めるにあたって、用意すべき教材が3つあります。

それは、

  1. TOEIC公式問題集
  2. 単語帳(TOIECに特化した単語帳がおすすめ!)
  3. (文法書)

です。

そして、わたしが教材を選ぶときに注目しているのは「この本1冊で自分の学びたいことを網羅しているか」というポイントです。

なぜなら

せっかくお金を払って購入したのに、内容が物足りなかった・・・。

ともう1冊購入すると、結局高いお金を支払うことになってしまいますよね。

そんな私が選ぶおすすめをご紹介します。

TOEIC公式問題集

様々な対策本が出版されていますが、本番同様の問題が練習できるこちらがおすすめです。

これが一冊あれば、他の公式問題集は必要ありません!

おすすめポイント!

  1. TOEICを開発しているETSが開発している問題集!信用度が一番高い。
  2. リーディング、リスニング共に問題がぎっしり。(全400問)
  3. リスニングの音声が本番と同じ。声に慣れるのにも最適!

この公式問題集を繰り返し使うことで、スコアアップへ近道することが出来ます。

TOEICに特化した単語帳

単語帳はTOEICに特化した単語帳を準備しましょう。

なぜなら、通常の単語帳だと範囲が広すぎるかつTOEICには出ないような単語が掲載されており効率的ではないからです。

おすすめは、TOEICの勉強をする人なら必ず知っているこちらの単語帳。

おすすめポイント!

  1. とにかく質が良い。TOIECに特化した単語ばかりが載っている。
  2. コスパ最強!他の単語帳と比べても安価。
  3. 軽量で薄くて、持ち運びに最適!

これ1冊あれば、他の単語帳は必要ありません!

効率よくTOIECに必要な英単語を学びたい人に一番おすすめの単語帳です。

赤シートを使って暗記をするのが好きな人には特におすすめ。
とにかく「TOEICの単語習得に特化した単語帳」です。

文法書

文法書は必ずしも全員に必要ではないと思いますが、基礎に余りが自信がない英語学習初心者さんには一度読んでみることをお勧めします。

なぜなら、文の組み立て方を知るだけで”英語力”はグンっとアップするからです。

しかし、「いままでもある程度英語は勉強してきたよ!」という人はここをスキップしてオッケーです!

文法書が必要な人とは?

  • 問題を解いてみても、まったく(ほとんど)答えに見当がつかない人
    
  • 学生時代を除いて英語を勉強したことがない人
    
  • せっかくなら英語をもう一度基礎から学びたい人

そして文法書のおすすめはこちらです。

こちらは私の一番の愛読書です。

おすすめポイント!

  1. イラストを豊富に使用しており、説明がすごく分かりやすい。英語を英語のまま、”感覚で”理解が出来る。
  2. 英語初心者に沿って、1から説明がある。文法の基礎をすべて1冊で網羅している。
  3. 何十周読んでもボロボロにならない本の作り。(体験済み)

わたしが英語を習得しオーストラリアの現地企業に勤め、TOEICで930点を取得できたのはこの本に出合えたからといっても過言ではないと思っています。

英語を習得を目指す全ての人におすすめしたい1冊です。

TOEICの公式問題集を解いて、目標を設定しよう

ここまでで、必要な”道具”が揃いました。

次は「いまのTOEICスコアは何点なのか?」という事を確認します。

なぜなら、TOEICの勉強をするにあたり目標スコアを設定することでモチベーションを保つことが出来ますが、それには”今の自分の英語力”を知って現実的な目標を設定することが大切だからです。

それでは、実際に「公式TOEIC Listening & Reading 問題集」を使って問題を解いてみましょう。

解いてみたけど、ぜんっぜん分からないよ。

と思うかもしれません。わたしも最初に公式問題集を解いたときは、途中で心が折れてしまいました。

それでも大丈夫です!!!解いてみることに意味があります!

TOEICには「不合格」というのがありません。

正解した分だけスコアをもらえるという形式です。

大切なのは、

  1. 実際のテストと同じように公式問題集を解いてみる。

  2. 自分のスコアを知る。

という事なので、自分的にはガッカリな結果になっても大丈夫。

そして目標スコアはTOEIC公式サイトにある「レベル別評価の一覧表」を参考に、いまのスコア+100程度を目安に勉強するのがおすすめです。

TOEIC本番に向けてすべき勉強と手順3つ

ここでやっとスタート地点に立てました!

あとは本番に向けてコツコツ練習を積み重ねるのみです。

具体的にその方法を紹介します。

STEP
”TOEIC単語”を習得しよう

TOEICは、なんといっても時間勝負です。

瞬時に単語の意味が分からないと、そこに”考える時間”が発生し結果テスト時間が足りないということになりかねません。

特に上記で紹介した、「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」は持ち運びにも便利なサイズですので、カバンに忍ばせておいて

隙間時間にコツコツ勉強するのがおすすめです。

STEP
公式問題集を解きまくろう!

英語の習得は、筋トレと同じだと思ってください。

正しい方法でトレーニングを積み重ねるほど身に付きます。

  1. 公式問題集の1セクション(リーディングPart1、など)を解く
  2. 答え合わせをして、間違えたところを確認する
  3. 他のセクションを解く
  4. もう一度①と同じ問題を解き、②で確認した間違えが正しく理解できたか確認する

とにかく、解く→答え合わせ→解くを繰り返しましょう。

また、答え合わせのときには「なぜ答えがこれなのか」という事を解説を読んで理解することも大切です。

STEP
リスニング(聞く力)を鍛えよう

TOEICのリスニングテストに、リピートはありません。

そして1問の回答に使える時間はたったの約8秒

聞いた瞬間に理解できるリスニング力を養う必要があります。

日ごろからできる事

  • 移動中には洋楽を聞く。
    
  • 普段からNetflixは英語音声で見る。
    
  • ポッドキャストを聞く。

勉強時間にできる事

  • 「公式TOEIC Listening & Reading 問題集」についてくるリスニング問題をとにかく何度もこなす。

TOEICの勉強には、単語を習得しつつひたすら公式問題集を解いて、日ごろからリスニング力を鍛えることが大切です。

英語習得にはかなりの時間を要しますし、心が折れそうになることもあります。

わたしも実際にそうでした。

しかし、TOEICで高得点を取得すれば転職やキャリアアップにも役に立ちますし、英語が出来ると海外旅行や移住もとても身近なものになります。

正しい方法でコツコツ続ければ、必ずスコアはアップします!

頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる