【習慣化が英語学習の全て】モチベーションを保つ3つの方法とは?

困っている人のアイコン画像困っている人

英語学習に挑戦しても、なんかモチベーションが下がりがちなんだよね・・・。

Mochiはどうやって英語学習を続けてきたの?

Mochiのアイコン画像Mochi

わたしはとにかく英語学習を習慣化させることを心がけていたよ!

この記事では、英語初心者のわたしがTOEIC930点を取得してオーストラリアで働けるようになるまでに行った「英語学習の習慣化」「モチベーションの保ち方」について紹介するよ。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 英語学習に取り組みたいと思っている人
  • 英語の勉強に取り組んでもモチベーションが保てなくて諦めがちな人
  • コツコツ英語を学んで、いつか英語を習得したいと思っている人
目次

英語学習は「モチベーションを保つこと」がとにかく重要

英語学習において、一番大切なのは「モチベーションを保つこと」です。

なぜならほとんどの人が途中で

 のアイコン画像 

もう英語を話せる未来も見えないし、辞めたい・・・。

と思い、挫折してしまうからです。

こんな経験はありませんか?

  • 英語を勉強しようと思って本を買ったけど、結局開いていないまま
  • オンライン英会話に登録したけど、あんまり受講する気が起きない
  • 英語学習には何度も取り組んだ経験があるけど、毎度続かない

これらはすべて、モチベーションを保つ工夫をするだけで解決することが出来ます。

「でも自分は勉強のセンスも無いし・・・。」と思うかもしれませんが、英語学習にセンスは必要ありません!

日本人の中でも勉強が得意な人、不得意な人が居ますが「勉強が不得意だから日本語を全く話せない人」は居ませんよね
語学習得に必要なのは”継続”です。

そして、モチベーションを上手くキープしながら継続することで、あなたの理想である「英語を話せる自分」に確実に近づくことが出来ます。

英語学習のカギはモチベーションを保ち続けることです。

≪英語学習攻略のカギ≫モチベーションを保つ3つの方法

それでは「英語攻略のカギ」となる、モチベーションの保ち方を3つご紹介します。

英語学習のモチベーションを保つ3つの方法
  1. 英語学習を「習慣化」する
  2. 自分に厳しくしすぎない
  3. モチベーションが下がった場合の対策を考えておく

具体的に紹介します。

英語学習を「習慣化」する

モチベーションを保つのに必要なのは、「英語学習の習慣化」です。

なぜなら、英語学習を習慣化することで毎日の継続が苦ではなくなるからです。

わたしが実際に行っていた「英語学習の習慣化」

  • ・・・洋楽を聞きながら仕事に行く準備
  • 通勤時の電車・・・英語アプリを使って、単語や瞬間英作文トレーニング
  • 就寝前・・・YouTubeの英語学習系チャンネルや、Netflixで海外ドラマを視聴

上記の他に、その日の都合や気分によってカフェで勉強したりオンライン英会話を受講したりしていました。

これらを毎日行ったことで、英語に対しての苦手意識が消えました。
英語に触れることを習慣化したことで「英語=日常」となったからです。

困っている人のアイコン画像困っている人

慣れるまでが大変だよね?
実際にどのくらいの期間を乗り切れば、習慣化できるのかな。

と思う人もいると思います。

メンタリストDaigoさんの著書「短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術」によると、8週間続ければ習慣化できるそうです。

この本には、「良い習慣を身に付けるためのノウハウ」が詰まっています。

・習慣化に関する基礎知識
・習慣が身に付く確率を極限まで高める7つの心理テク
・3日坊主にならない!習慣維持テクニック

など、とにかく読み応え満載な内容が盛りだくさん。
何かを続けられなくて悩んでいる人におすすめの本です。

とにかく英語学習を日常に組み込んで「習慣化」させましょう。

そうすることでモチベーションに関わらず、英語学習に当たり前のように取り組めるようになります。

自分に厳しくしすぎない

意外と思われるかもしれませんが、英語学習のモチベーションを保ち続けるには自分に厳しくしすぎないことが大切です。

なぜなら自分に厳しすぎてしまうとモチベーションが下がり、結果として英語学習を辞めてしまうからです。

SNSを開くと

 のアイコン画像 

英語を話せない人は努力不足!!
寝る時間も削って1日10時間は勉強しよう!

みたいな人もいますよね。

しかし、それを続けてしまうと「英語学習=辛いモノ」となり99%の人は英語を習得する前に挫折してしまうと思います。

英語学習に大切なのは「継続」なので、無理やり頑張るのは禁物。

”英語学習を嫌いにならないようにすること”が大切です。

これでオッケー!自分に優しくしよう

今日は疲れていて、何もやる気が起きない・・・。

→ 今日はしっかり休んで、あしたからまた頑張れるよう気持ちを整える。

仕事で残業があって、帰宅が遅くなりそう。

→ いつも行っているオンライン英会話を休んで、英語学習系のYouTubeを1本見てから寝る。

自分で決めたルールを守れないのって悔しいですよね。

しかし、たった1日出来なかったことで自分を責める必要はありません。

なぜならあなたの体や心の健康の方が、英語を習得することより大切だからです。

Mochiのアイコン画像Mochi

今日は勉強できなかったけど、あしたからまた頑張れるようにゆっくり休もう!!

と前向きにとらえることで、英語学習へのモチベーションを保ち続ける事が出来ると思います。

英語学習を嫌いにならない為にも、自分には厳しくしすぎないようにしましょう。

モチベーションが下がった場合の対策を考えておく

ここもすごく重要です。

モチベーションが下がった場合の対策を考えておきましょう。

なぜなら、英語学習を始めたばかりの時はやる気に満ち溢れていても、心が折れそうになる日が必ずやってくるからです。

英語学習のモチベーションが下がってきたら・・・

  • 24時間までなら英語から離れてオッケー。その時間で思う存分好きなことをする。
  • 英語を学び始めたきっかけの本を読む。
  • おしゃれなカフェやお気に入りの図書館など、勉強場所を自宅以外にする。
  • とにかく寝る!!!

わたしが英語学習を行う中で実際に「モチベーションが下がっているなぁ」と実感するのは

  • 仕事で疲れていて、心に余裕が無いとき
  • 英語の伸びが感じられないとき

が多かったので、それに対する対策を常に持つようにしていました。

「自分が前より英語学習に意欲的じゃないな」と思ったら、理由を分析してみましょう。
そうすることで、対策を考えることができます。

自分なりにモチベーションが下がった時のルールを決めておくことで、「英語学習そのものから離れてしまうこと」を防ぐことが出来ます。

事前にモチベーションが下がった場合のことを想定して対策を決めておきましょう。

英語学習のコツは”細く長く”続けること

英語学習でいちばん大切なのは、細く長く続けることです。

なぜなら、言語習得は筋トレと同じで毎日積み重ねることが必須だからです。

”細く長く”が大切な英語学習においては「1日2時間の英語学習を週2回行う」より、「1日30分の英語学習を毎日行う」ほうが効果的です。

そして、習慣化には週4回以上英語学習を行うことが必要とされています。

困っている人のアイコン画像困っている人

続けられたとしても、本当に英語を話せるようになるのかな・・・。

と思うかもしれません。

たしかに、英語の伸びの速さには個人差があります。

しかし毎日取り組むことで1歩ずつ「英語が話せる自分」に近づいていることは事実です。

わたしもオーストラリアに来た当初は全く英語が話せませんでしたが、コツコツ英語に触れ続けたことで渡豪から6か月後にはローカルのカフェで働いてネイティブの接客が出来るほどの英語力を身に付けることが出来ました。

自分のモチベーションを上手く保ちつつ、細く長く英語学習を続けましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる