【統計結果】日本人の英語力は世界53位-なぜ低い?

困っている人のアイコン画像困っている人

「日本人の英語力は低い!」って聞いたことがあるけど、それってほんと?
でも日本って一応世界でも「先進国」と呼ばれている国なのに、なんで英語は話せないのかなぁ・・・?

Mochiのアイコン画像Mochi

「EFエデュケーション」という機関が毎年”世界最大の英語能力指数ランキング”による統計結果を発表しているよ。

その結果を基に「なぜ日本人の英語力が低いのか」その原因を見てみよう。

 この記事はこんな人におすすめ!

  • 日本人の英語力を知りたい人
  • なぜ世界で日本人の英語力は低いのか気になる人
  • 英語を学ぶ意味があるのか知りたい人
目次

非英語圏での英語ランキング、日本の順位は?

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社が2019年に発表した、”世界最大の英語能力指数ランキング”による統計結果がこちらです。

画像引用:https://www.efjapan.co.jp/epi/regions/asia/japan/

日本は、「非英語圏100ヶ国のうち53位」でした。

能力レベルでは”低い”と判定されています。

注目ポイント

  • アジア圏でも、日本は25ヶ国中11位
    →隣国の韓国や中国と比較しても、日本の方が順位が低い。
  • 「1人当たりの国民総所得」「インターネット普及率」「平均就学年数」「人口」は世界平均を上回っている
    →環境は整っているのに、英語力は低いという現実。

 非英語圏の上位3ヶ国は?

1位 オランダ

2位 スウェーデン

3位 ノルウェー

オランダは2011年にEF EPIテストが始まってから毎年1~3位にランクインしており、国民の90~93%は英語が話せるそうです。

アジア圏の上位3ヶ国は?

1位 シンガポール

2位 フィリピン

3位 マレーシア

シンガポールで話されている言葉で、一番大きい割合(37%)を占めているのが英語です。マンダリンと呼ばれる中国語が35%の割合を占めています。

100ヶ国すべての順位およびレポートや、地域別のランキングは以下よりご覧いただけます。

日本人の英語力が低い理由3つ

困っている人のアイコン画像困っている人

そんなこと言われたって、日本人である僕の英語力が低いのは僕のせいなのかなぁ・・・?

いいえ違います!

もちろん、これを読んでいるあなた個人に「責任がある」という事ではありません。

ただ、わたしは現在オーストラリアに4年近く住んでおりTOEICで930点を取得して英語学習とは真剣に向き合ってきました。

そして、だからこそ見えてきた”日本人が英語を話せない理由”というのがあります。

是非参考程度に読んでいただけるとうれしいです。

1.学校での英語教育が実践的ではないから

日本では、中学・高校を卒業していれば最低でも6年間は英語の授業を皆受けていることになります。

昨今では大学へ進学する人も多いですし、大学でも4年間英語の授業を受けたとすると中には10年間英語を学んだ人たちもいます。

なぜ「英語を勉強したことのある人」は沢山いるのに、「英語を実際に話せる人」は極端に少ないのでしょうか?

答えは、一般的に日本の英語授業は、テストに合格する為の授業だからです。

みなさんが義務教育で受けた英語の授業を思い出してみてください。

 実際にスピーキングを授業で習った経験はない

 発音やフォニックスについての授業を受けた記憶はない

 学ぶのは単語の意味や文法が主

これらに当てはまる人がほとんどだと思います。

”実践的な授業ではなく、単語の意味や文法を主に学ぶ授業”ですよね。

それって、バスケットボール部に入った人に全くボールを触らせず座学でルールや技術の名称などについてひたすら教えることに似ています。

これじゃいつまで経ってもドリブルやシュートが上手くはならないですよね。

ですので、日本人の英語力が低い理由の1つは「日本の英語教育のあり方」が原因だと思っています。

2.日本にいると英語はほぼ必要ないから

ぶっちゃけ日本に住んでいると、英語って必要ないですよね。

教育もすべて日本語で受けられて、必要な本や文献も日本語に訳されたものが手に入ります。

これがもうひとつの「日本人の英語力が低い理由」です。

最近だとフィリピン留学も流行っていますが、なぜフィリピン人の多くが英語を話せるか考えたことはありますか?

  1. 半世紀ほどアメリカに統治されており、当時教育は英語で行われていた。
  2. 本や雑誌、テレビ番組でも英語が当たり前のように使われている

これらが主な理由かと思いますが、日本の場合はどうでしょうか?

すべて日本語だけで生活が出来るように世の中が出来ていますよね。

どちらが良いとか悪いとかではなく、単純にこうした歴史的背景や社会の環境も理由として挙げられます。

3.「間違えるのが怖い」という国民性

一度考えてみて欲しいのですが、みなさんはどうやって子供の時に日本語を習得しましたか?

話し言葉も書き言葉も、沢山間違えて学んだのではないでしょうか。

とにかく沢山言葉を発する→間違える→正す というのは、言語習得では欠かせないプロセスです。

それなのに、成長するにつれて

 のアイコン画像 

もし間違えたら恥ずかしいし、発音とかを馬鹿にされるのも嫌だなぁ・・・。

という気持ちが芽生え、中々英語を積極的に話すことは難しくなっていきますよね。

その気持ち、痛いほどわかります・・・。

しかし、他の国からオーストラリアに来ているわたしの留学生の友達はだれも間違えを気にしていません。

「わたしはネイティブスピーカーじゃないし、間違えるのなんて当たり前!」と毅然とした態度で英語をガンガン話しています。

言語習得には度胸も必要という事ですね…。

だからこそ!英語習得のススメ

ここまでで、他の国と比較すると日本の英語力はまだまだ低いことがご理解いただけたと思います。

これを踏まえてわたしがお伝えしたいのは、「だからこそ英語を習得しよう!」という事です。

日本はまだまだ「英語が得意な人が重宝される社会」ですよね。

先進国と呼ばれる国で、”英語が話せるだけ”で重宝される国はあまり多くありません。

なぜなら多くの国で、英語が話せることは当たり前だからです。

 日本で英語が話せると・・・

  1. 進学や就職に役に立つ。
  2. 会社によっては、駐在員として海外に滞在するチャンスを貰える可能性が高まる。
  3. 外資企業への転職なども出来、年収アップも!

「話すのが得意じゃないなぁ・・・。」という人は、TOEICの勉強をしてスコアを取得するだけでも大きなメリットになりますし何より自分の自信に繋がると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる