【在豪5年目の私が選んだ!】オーストラリアのおすすめプライベート医療保険

オーストラリアに住んでいるんだけど、プライベート保険っていろいろな会社があって選ぶのが難しいよね・・・。
Mochiさんはどこの保険会社を使っているの?

わたしは最近までHCFを使っていたんだけど、今回カンタス保険に変えたよ!

この記事では、わたしがプライベート保険に加入している理由とカンタス保険に変更した訳をご紹介するね。

 この記事はこんな人におすすめ!

  • オーストラリア在住の人
  • オーストラリアに移住予定の人
  • プライベート保険選びに悩んでいる人
目次

【オーストラリア】プライベート保険はなぜ必要なの?

オーストラリアに在住もしくは永住予定の人はプライベート保険への加入がおすすめです。

なぜなら、メディケアでは対象にならないような項目もプライベート保険に加入することでカバーされるからです。

「メディケアでカバーされない」内容とは?
  • プライベート病院での治療費、入院費
  • 救急車
  • 歯科治療
  • フィジオセラピー
  • 眼鏡やコンタクトレンズ費

など

参照:Private Health.gov.au

つまり、オーストラリアの国民保険「メディケア」は、公立病院での一部治療費しか保険対象とならないのです。

こちらの記事によると、2019年6月の時点で44%の国民がプライベート保険に加入しているそうです。

わたしもオーストラリア人のパートナーと生活を始めてしばらくしてから、歯科の定期検診を受けたいと思ったことをきっかけとしてプライベート保険に加入しました。

わたしがプライベート保険に加入した理由
  • メディケアではカバーされない内容(フィジオセラピー、歯科、眼科など)もカバーされるから
  • プライベート保険加入者は減税の対象になる場合があるから
  • オーストラリア政府からの民間健康保険の払い戻しを受けられる場合があるから

また、保険会社によっては「加入者特典」があり特定のサービス(宿泊予約サイトなど)の割引を利用することができます。

実際にハンターバレーの以下施設に宿泊した際も、プライベート保険の加入者特典を利用して5%オフで宿泊することができました。

プライベート保険への加入は任意であり、国民の約半数が加入していないのも事実です。

しかし、個人的には万が一に備えて持っておくと安心かと思います。

ぜひ一度検討してみてください。

オーストラリアシェア第3位「HCF」から他の保険へ変更を考え始めた理由

いままで約2年ほど、オーストラリア国内シェア第3位のプライベート保険「HCF」に加入していました。

理由はオーストラリア人のパートナーが既に加入していて、彼のパートナーとして加入するのが手間も無く簡単だと考えていたからです。

オーストラリアのプライベート保険 TOP5とは?

第1位 MediBank(26.9%)

第2位 Bupa(25.4%)

第3位 HCF(11.7%)

第4位 nib(9.2%)

第5位 HBF(7.3%)

参照→Top 10 Health Insurance Companies in Australia | 2021 Rated 

当時は渡豪2年目で仕組みもあまりよく分かっていなかったので、とりあえず彼が加入していたプライベート保険に加入しました。

コロナ禍で仕事を失ったことや毎月の出費を見直したことをきっかけに

  • プランの金額
  • カバーされる内容
  • ベネフィット

など、わたしたちにもっと見合った保険があるのではないかと思い始めました。

特にHCFに不満があったわけでは無いのですが、いままできちんと”わたしたちに合う保険”というのを考えたことが無かったので改めて内容を見直すべきだと思ったのです。

値段もカバー内容も保険会社によって様々です。

私自身、オーストラリアのプライベート保険に関する知識が乏しかったのでこれを機にいろいろ見比べてみることにしました。

出費を見直すきっかけになったひとつは、コロナ禍で仕事を失ったこと。

(現在はカフェで仕事をしています。)

当時の気持ちを綴った記事はこちらです。

プライベート保険の選び方とは?

まずはわたしとパートナーがプライベート保険に求めるものとはなにかを明確にしました。

我が家がプライベート保険に求める条件とは?

  • 救急車費用のカバー
  • 事故による怪我の治療費カバー
  • 歯科検診費用のカバー
  • 眼鏡・コンタクトレンズ代のカバー
  • カップルで月額250ドル以下(エキストラ込み)

歯科検診費用、眼鏡・コンタクトレンズ代のカバーは基本的にエキストラ(オプション)を追加する必要があります。

従って

  • 基本プラン+オプションで月額250ドル以下
  • 予算内でなるべく多くの項目がカバーされる

という条件のもとに探すことにしました。

その条件を頭に入れつつ、みなさんがどんな保険を使っているのか調査開始!

Twitterで在豪のみなさんに聞いてみたところ、やはり大手の「Bupa」や「MediBank」を利用している人が多かったです。

(わたしのお友達もBupaを使っている人が多いように思いました。)

よろしければ以下のツイートのリプを参考にしてみてください!

その後みなさんに頂いたリプを基に

  • 各保険会社のホームページ
  • 比較サイト
  • 口コミ

などをチェック。

確認しなければならない項目もかなり多く、とにかく時間がかかりました・・・。

わたしが実際に参考にしたWEBサイト

プライベート保険を簡単に比較できるサイトはいくつかありますが、料金を見るのに電話番号もしくはメールアドレスの入力が必要で直後に電話やメールがたくさん届きました・・・。

各社の公式サイトは値段や補償内容も見やすいですが、比較するのが少し大変です。

【メリット・デメリット】選んだのは「カンタス保険」でした

迷った結果、わたしたちは「カンタス保険」に加入しました。

この章ではわたしが思うカンタス保険のメリット・デメリットをご紹介します。

カンタス保険のメリット

まずはカンタス保険のメリットです。

メリット
  • ベーシックカバーに私たちが求めるカバーがすべて含まれている
  • エキストラを付けても予算内で収まる
  • 無料で「Frequent Flyer」の会員になれる
  • カンタスポイントを貯めることができる
  • 補償内容や条件がとにかく明確に記載されている
  • 保険のClaimが簡単にアプリから行える
  • 18歳~29歳にはディスカウントが適用される

わたしたちは2人ともメディケアを保持しているので、あくまでもプライベート保険は「念のため」の加入です。

なので、ベーシックプランで十分だと考えています。

カンタス保険はベーシック保険(1番安価なプラン)でも他社よりカバー項目が多かったように思い、それも決め手のひとつでした。

そして最大の決め手は、カンタスポイントを貯められること。

「カンタスポイント」とは?

カンタスの会員「Frequent Flyer」になると貯められるポイントのことです。

入会費は?

通常$99.50かかりますが、カンタス保険加入者は無料です。

どうやって貯めれるの?

飛行機やホテルの予約はもちろんですが、毎月の保険の支払いや、提携ブランドでの買い物でも貯めることができます。

なにに使えるの?

航空券の購入やカンタスストアの商品との引き換えに使うことができます。

カンタスはJALと同じグループなので、貯めたポイントをJALマイルに交換することも出来ます!

せっかく毎月保険料を支払うのなら、何かしらのポイントが貯められた方が良いですよね。

コツコツ貯めていつか一時帰国に使う予定です。

香港の航空会社「キャセイパシフィック航空」とも同じグループなので、よく香港に行く私たちにはピッタリ!

さすがオーストラリア最大手の航空会社カンタス!

とにかく多くのブランドと提携しており、カンタスのサイトを経由してお買い物するだけでじゃんじゃんポイントが貯まります。

提携先のブランド一覧はこちらから

ユニクロやMyer、Appleなど普段何気なく使っているブランドもあるのがすごく魅力的だと思います。

そして、「Qantas Wellbeing」というアプリをダウンロードし毎日エクササイズ等するだけでもポイントが貯まります!

わたしはアップルウォッチと連携させて、毎日ポイントをコツコツ稼いでいます。

「Qantas Wellbeing」でポイントを貯めよう!

カンタス保険のデメリット

加入から2ヶ月ほどで気が付いたデメリットも併せて紹介させていただきます。

デメリット
  • 国内シェア率が低く、他社と比較して利用者が少ない
  • マッサージが保険でカバーされない
  • 問い合わせ方法のメインが電話

国内シェア率がまだまだ低いカンタス保険。

「大手の方が安心」と思う人の中にはカンタス保険に不安を覚える人もいると思います。

しかし、実は国内シェア第4位のnibが母体。

そのことを考慮すると、保険会社としても十分に信用できると思います。

以前HCFを使っていたときは医療マッサージに行ったときも保険でカバーされたのですが、カンタス保険のベーシックプランはマッサージ保証対象外。

これはHCFの方が良かったな~と思いますが、毎月約50ドルほど保険料を節約できていて毎月マッサージに行くわけでは無いのでまぁいいかな、といった感じです。

あとこれは完全に個人的な意見ですが、問い合わせは電話やメールより早く回答を得られるチャットが好きでカンタス保険ももっと気軽に問い合わせ口が見つかったらいいなぁと思います。

(電話での問い合わせがメインなようです。)

プライベート保険の乗り換え方とは?

プライベート保険の乗り換えは至って簡単。

新しいプライベート保険に加入する際、

  • 現在加入しているプライベート保険会社
  • 会員番号

を入力すると、新しいプライベート保険会社が今まで使っていたプライベート保険に連絡し解約手続きをしてくれます。

わたしはHCFからカンタスに変えたんだけど、HCFを自分で解約する必要はなかったよ!

自分で解約せず、新しいプライベート保険会社に解約してもらうメリットは

  • 解約日→新しい保険契約日にギャップが無い
  • 解約した保険会社が日割りで過払い分を返金してくれる

です。

オーストラリアは携帯電話会社を乗り換えるときも、同じ仕組みですよね!

すごく楽で個人的には良い仕組みだなあぁと思っています。

プライベート保険の加入/切り替えを検討していらっしゃる方のためになれば嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる