【ワーホリの目的がない?】大丈夫!それがワーキングホリデーの魅力です。

困っている人のアイコン画像困っている人

ワーホリに挑戦してみたいと思っているけど、目的がいまいち無いんだよね・・・。

せっかく海外に住むのに「失敗」したくないし。
どうしたらいいんだろう。

Mochiのアイコン画像Mochi

ワーホリは目的が無くたって良いんだよ!
だって、ワーホリに行くだけで「海外に住む」というのを達成しているよね。

この記事では「ワーホリに目的が無くても大丈夫!!」という話をするね。

 この記事はこんな人におすすめ! 

  • ワーキングホリデーに挑戦してみたいと思っている人
  • ワーホリに目的が無くて悩んでいる人
  • 実際にワーホリでどんなことをすべきなのか分からない人
目次

ワーホリに「目的」なんて無くたっていい。

「ワーホリに行くなら、きちんと計画を立てて目標を決めて・・・。」と思いがちですが、わたしはワーホリに行く目的なんて無くたっていいと思ってます。

なぜなら、あなたの好きなように過ごせるのがワーホリの魅力だからです。

ワーホリの魅力とは、とにかく「自由なこと」です。

働くことも学ぶことも旅をするのも、全てあなた次第。

「ワーキングホリデー」と名の通り、ひたすらのんびり休暇を過ごしても良いのです。

ですので、無理に

困っている人のアイコン画像困っている人

何か目的をしっかり持って、日本に帰るまでに達成しないと・・・!

と思う必要はありません。

あなたのしたいこと何でも挑戦できるのがワーホリです。

例えば英語を学んだり、現地で仕事をするのは「海外に住む」というワーホリ一番の目的を果たした上に成り立っています。

ですので、何度も言いますがワーホリには目的なんて無くたってオッケーです。

あなたの好きなように過ごせば大丈夫!

それでも何か目的が欲しい。「ワーホリ」って何が出来るの?

困っている人のアイコン画像困っている人

「目的は無くたっていい!」と言われても、せっかくなら何かしら達成したいんだ。

という人もいると思います。

そんな人の為に、「ワーホリで出来ることの例」を紹介します。

ワーホリで出来ること
ワーホリで出来ること
  • 国内や近隣国への海外旅行
  • 現地で仕事に挑戦
  • 英語や多言語の習得
  • いままでにない食生活の体験
  • 暮らしを体験しつつのんびり
  • その国ならではの資格を取得

・・・本当に何でもできてしまいますね!

ワーホリのイメージが湧かない人は、YouTubeで発信している人をチェックしてみるのがおすすめ。

オーストラリア夫婦ワーホリでバンライフをしていた「はだし夫婦」さん
ドイツワーホリで現地の生活について発信されていた「MIZUKINYY」さん
ニュージーランドワーホリをきっかけに永住した「Nina & Take」さん

ワーホリで各国に滞在しているときの様子はもちろん、その後の生活も見ることが出来ます。

Mochiのアイコン画像Mochi

YouTubeのみでなく、インスタやTwitterでもワーホリ生活の様子を発信している人がたくさんいるよ!

「こんなこともできるんだ!」というアイデアを集めるのにおすすめ。

わたしが実際にワーホリで体験したことは、以下の記事で紹介しています。

ワーホリに「正解」は無い!あなたの思うままに。

ワーホリに行こうと思うと、周りからいろいろなことを言われると思います。

ワーホリなんて、ただの「休暇」だよ!
帰国後の就職に不利になるよ~!

英語も話せないのに、現地で生活なんて無理じゃない?

日本でも英語は学べるのに、ワーホリなんて意味なくない?

・・・などなど。

わたしも実際に言われた経験があります。

しかし、オーストラリアワーホリを終えて現地で生活しているいま、「ワーホリに行く!」と決めた自分を信じて本当に良かったと思っています。

わたしがワーホリを経験して良かったと思う理由

  • 後にTOEIC930点を取得するほどの英語力の基礎を築けたから。
  • 様々なバックグラウンドを持つ人に出会えて、新しい価値観に出会えたから。
  • 海外で仕事を出来たことで大きな自信が付いたから。

何度も言いますが、ワーホリで何かを達成する必要はありません。

 のアイコン画像 

もう仕事するのに疲れちゃったから、ちょっとの間ゆっくりしたいな・・・。

という人が海外移住の最初のステップとしてワーホリビザを使うのももちろんオッケー。

とにかく「あなたの好きなように、あなたの思う通りの時間」を過ごしてほしいなと思ます。

正解は自分にしか分からないモノで誰かの評価を基準に自分の挑戦を諦めたりする必要はありません。

自分の人生、自分の思う通りに過ごしましょう!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる