「瞬間英作文」を6か月体験して分かった効果的なやり方とメリット

困っている人のアイコン画像困っている人

ネイティブスピーカーと英語で会話するとき、なんとなくは聞き取れるんだけど話すときに詰まってしまうのが悩みなんだ。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という書籍を見つけたんだけど、本当にスピーキング力が上がるのかな?

効果的な活用法ってある?

Mochiのアイコン画像Mochi

わたしもオーストラリアにワーキングホリデーに来た当初、言いたいことが英語で表現できなくて会話が続かなかった経験が何度もあるよ。

その時に「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」に6ヶ月間取り組んでみたらオーストラリアのローカルカフェで働けるほどの会話力を身に着けることが出来て、後にTOEICで930点取得したよ。

わたしが実際に「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」をどう使ったか紹介するね。

 この記事はこんな人におすすめ!

  • なんとなく英語は聞き取れるけど、話すのが苦手な人
  • スピーキング力を向上させたい英語学習初心者の人
  • 言いたいことが頭に思い浮かぶのに上手く言葉にできない人
目次

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」とは?

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」とは、中学で習うレベルの文型で簡単な英語をスピーディに、大量に声に出して作るというものです。

つまり、このトレーニングは「英語が口から瞬時に出てくるようになるトレーニング」

本の構造はいたってシンプルです。

左側に簡単な日本語文があり、右側にはその日本語文の英語訳が載っています。

実際の商品はこちらからご覧ください。

この本の良いところは、書き込む必要が無いので机が無い環境でもトレーニングをすることができ、ペンなどの文房具も必要ありません。

例えば、初級編は「This/That」という基礎のセクションで

「これは塩ですか?それとも砂糖ですか?-砂糖です」

という日本語の文章を英語に変換し、右側のページで答え合わせをする、というのをひたすら繰り返します。

そうすることで、頭に思い付いた文章を瞬時に英文にする力を養うことができます。

困っている人のアイコン画像困っている人

試し読みしてみたけど、日常生活ではあまり使わない表現が多い気がするな。

と思うかもしれません。たしかに日常生活で使わないような表現も本の中では使われています。

なぜならこの本は、英文を記憶することが目的ではないからです。

あくまでも「文章を組み立てるスキル」を鍛えることが目的であるということを覚えておいてください。

【経験談】「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」に取り組むメリットとは?

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」に取り組むメリットは

「なんとなく聞けるのにうまく答えられない」を解決できることです。 

わたしも実際にこのトレーニングを始めて6か月経過した頃には、瞬時に英文を口に出すことができ、間違えつつも英会話を成立することができるようになりました。

 のアイコン画像

英会話に挑戦すると、言われていることは分かっても上手く答えられないんだよなぁ・・・。

多くの人が同じ場面に遭遇したことがあると思います。

なぜなら、リスニングや単語は学生時代に学んでいる人がほとんどですがスピーキングを学んだ人はほとんどおらず

瞬時に文章を組み立てる反射神経が鍛えられていないからです。

スピーキングに頭の良さは必要ありません。

必要なのはトレーニングです。

実際に会話をするとき、返答するまでの時間は1秒も無いと思います。

つまり、頭で考えるのではなく反射的にこたえられるようになることが必要です。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の効果的なやり方

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のやり方と、英語学習者であれば一度は聞いたことがある「英語は英語で理解すべし!」という理論に関して説明します。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の手順

瞬間英作文のトレーニング方法は至ってシンプルです。

【手順】瞬間英作文のやり方

  1. ページ左側の日本語文を見る
  2. 日本語文を声に出して英作文する
  3. ページ右側の英文を見て答え合わせ

ただこれをひたすら繰り返します。

わたしは実際にこのトレーニングを6か月の間毎日行った結果、「会話力」が身に付きオーストラリアのローカルカフェで仕事をゲットすることができました。

「6か月間毎日行った」といっても1日10分しか取り組んでいない日もあれば、30分などまとまった時間をとって取り組んでいた日もありました。

大切なのは、10分でもいいから毎日取り組み続ける事です。

「日本語から英語に変換する勉強法は果たして良い勉強法なのか」という疑問について

英語を勉強している過程でこのような言葉を目にしたことはありませんか?

 のアイコン画像

「英語は英語として理解すべきで、日本語から英語に訳しているようじゃ上達しません!」

結論、わたしは「英語を英語として理解できるのは中級者以上である」と考えています。

なぜならわたしも実際に試した経験があるからです。

わたしも英語学習を始めた当初このような言葉に出会い、「なるほど!!」と思いすべてを英語で学ぶという勉強法を試してみました。

しかし、当時のわたしは基礎的な英語力も無かったので英語の辞書で単語を調べても全く理解が出来ず結局

「英語を英語で理解する」というのはある程度の知識がある中級者以上の人がすべきことだと学びました。

そしてこの「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の著者である森沢洋介さんもこの件に関して以下のように見解を述べています。

「日本語を介さず英語で考えよ」と言われたりしますが、これは(少なくとも基本レベルの)学習法ではなく、ゴールです。

中略

日本語→英語の変換トレーニングは通訳養成機関でも「クイックレスポンス」と呼ばれ伝統的に行われています。その有効性が立証されているからです。

— どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) (日本語) 単行本(ソフトカバー)■著者が答える瞬間英作文 Q&Aよりhttps://www.amazon.co.jp/dp/4860641345/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_OmnvFbADMCK8H 

従って、日本語から英語に変換するトレーニングは有効な学習法であるということが言えます。

書籍以外も!「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の応用編

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」は書籍のほかにアプリでも販売がされています。

また、テレビCM等でよく見かけるオンライン英会話「DMM英会話」では教材として本書が使われています。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のアプリ

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」にはアプリもあります。

App Store
‎どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
‎どんどん話すための瞬間英作文トレーニング‎シリーズ70万部発行のベストセラー書籍の唯一の公式アプリ版がついに登場! 簡単な英語さえ反射的に口から出てこない、相手の話す英語はわかるのに自分が話すほうはからき...

わたしも実際に書籍は自宅で勉強するとき用、アプリは外出時に勉強するとき用とそれぞれ用途を分けてどちらも使用していました。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」アプリを使うメリット

  1. 本を持ち歩く必要が無い。
  2. 苦手な問題だけをチェックして、あとからと再チャレンジすることができる。
  3. 英語の音声も聞けるので、CDを使わずに発音を学ぶことが出来る。

本もアプリも内容はほぼ同じですので、両方を購入する必要は無いと思います。どちらかお好きな方をお使いください。

【オンライン英会話】DMM英会話の会員は無料で使える!

DMM英会話に入会している方は、レッスン教材として「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を利用することが出来ます。

(あくまでもレッスン内で使用することが前提とされています。)

DMM英会話では「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のみでなく、TOEICや英検といった試験向けの教材やデイリーニュースなどのDMMのオリジナル教材も会費に含まれているのです!

https://eikaiwa.dmm.com/より引用

会員の方はぜひ利用してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる