【オーストラリアワーホリ】英語力ゼロでもなんとかなるのか?!

困っている人のアイコン画像困っている人

オーストラリアワーホリに挑戦することを決めたんだけど、英語に全く自信が無いんだ・・・。

こんな僕でも現地で生活していけるのかな?

Mochiのアイコン画像Mochi

わたしもオーストラリアに渡航したばっかりの時は、英語が話せなくてとても苦労したよ。

でも、仕事も見つかったし住む場所もあったから”生活はできる”と思うよ。詳しく説明するね。

 この記事はこんな人におすすめ!

  • オーストラリアワーキングホリデーに挑戦する予定の人
  • 英語力に自信が無いけど海外に渡航予定の人
  • 英語力ゼロでもワーホリに挑戦できるか知りたい人
目次

英語力ゼロでも、現地で生活できるのか?

結論から申し上げますと、英語力ゼロでも現地で生活することは可能です。

オーストラリアには、

日豪プレス(https://nichigopress.jp/)や

JAMS(https://www.jams.tv/

というオーストラリアに在住している日本人向けのウェブサイトがあります。

こちらでは各都市のイベント情報や求人、ルームメイトの募集などが掲載れされており、日本語で情報を得ることが可能です。

実際に私も、オーストラリアに渡航した当初はまったく英語が話せなかったので日豪プレスに掲載されていた求人に応募し、仕事をゲットしました。

ですので、英語が話せなくてもオーストラリアで生活すること自体は可能です。

英語が話せないままワーホリに挑むデメリット

ここまで読んで、

 のアイコン画像 

なーんだ。
英語が出来なくても現地でなんとか生活できるなら、勉強しなくても良いよね!

と思った方もいるかもしれません。

たしかに、「英語が話せなくても生活はできる」と言いましたが

充実した生活をするのは少し難しいかもしれません。

わたしもオーストラリアに渡航した当初、生活自体は成り立っていたものの英語が話せない事で、何度も壁にぶつかりました。

 英語力ゼロのわたしがオーストラリアで経験したこと

  • 銀行口座を開設しに行くも、説明を何も理解できない。

    オーストラリアと日本の銀行の仕組みは全然違います。しかし、開設時に説明を受けるも全く理解できず。
    結局最初はよく分からないまま使っていました。

  • 目標は”ローカルカフェで働くこと”だったのに、まず求人の内容が理解できない

    募集要項を読んでも、自分に応募する権利があるのかすら理解できませんでした。
    そしてやっとレジュメを送っても、電話が来たら意思疎通が出来ないのでもちろん面接には及ばず。

  • せっかく色んな国から来た人たちと交流できたのに、意思疎通ができない。

    現地にも友達が出来始めて、遊びに行く事もありましたが「英語で話しても通じないし・・・。」と外に行くのがどんどん億劫になっていきました。

結局最初の仕事は応募、面接ともに日本語のジャパレスでした。

上記のほかにも数え切れないくらい英語が話せない事で感じたデメリットはあり、何度も「もっと英語力を身に着けてから渡航すべきだった・・・。」と後悔しました。

ですので、「英語が話せなくても生活はできる」が「英語が話せないと、充実した生活は難しい」ということを覚えておいてください。

【都市選び】英語に自信が無いあなたにおすすめの都市

困っている人のアイコン画像困っている人

結局、英語が苦手な僕はどこの都市を選んだらいいの?

答えは、シドニーもしくはメルボルンです。

英語が苦手な人は大都市を選ぶべき!

日本でも同様の事が言えると思います。

もし、海外から来た留学生が

留学生のアイコン画像留学生

日本語が苦手なんだけど、日本で働いてみたいんだ。
どこの都市がおすすめ?

と聞いてきたら、なんて答えるでしょうか?

東京もしくは大阪あたりが外国人も沢山いるし働き口もたくさんありそうだな、と思いますよね。

海外でも基本的に考え方は同じで、その国の言語が苦手な人はまず大きい都市に行く事がおすすめです。

英語力があるに越したことはない

充実したワーホリ生活を送るのに、英語力は必ず必要です。

英語を話せると、

  1. ローカルの企業で働くことが出来る

  2. オーストラリアの生活と日本の生活の違いを理解できる

  3. 他国籍の人と友達になれる

  4. 日本にはない価値観を学べる

  5. 分からないことは英語で調べて解決できる

など、数えきれないほどのメリットがあります。

英語を習得するのには長い時間が必要ですので、出発前からコツコツと準備をして少しでもワーホリ生活を実りのあるものにしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらSNSでシェアしてみてね!
目次
閉じる